manapedia
古文単語「すぢかふ/筋交ふ/筋違う」の意味・解説【ハ行四段活用/ハ行下二段活用】
著作名: 走るメロス
414 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

すぢかふ/筋交ふ/筋違う

ALT

※「すぢかふ」には、
①ハ行四段活用
②ハ行下二段活用
の用法がある。
①ハ行四段活用

未然形すぢかは
連用形すぢかひ
終止形すぢかふ
連体形すぢかふ
已然形すぢかへ
命令形すぢかへ


意味1:他動詞

斜めに交わる、斜めにずれる

[出典]:心にくきもの 枕草子
「箸の、いときはやかにつやめきて、すぢかひたてるもいとをかし。 」

[訳]:火箸が、とてもくっきりとつやつやとして、斜めに交わって立っているのも趣深い。


意味2:他動詞

斜めに向かい合う

[出典]宮に初めて参りたるころ 枕草子
「いかでかは筋かひ御覧ぜられむとて、なほ臥したれば、御格子も参らず。」

[訳]:なんとかして、斜めに向かい合って(私を)ご覧いただこうとして、やはりうつぶしているので、御格子もお上げしないでいます。


意味3:他動詞

時の流れからそれる、背く

[出典]:浜松中納言物語
「あまり世にすぢかひて、すずろなる山ごもりがちに...」

[訳]:世間に背いて、むやみやたらと山ごもりをすることが多くなり...


②ハ行下二段活用

未然形すぢかへ
連用形すぢかへ
終止形すぢかふ
連体形すぢかふる
已然形すぢかふれ
命令形すぢかへよ


意味1:他動詞

斜めにする、(物が)斜めに交差する

[出典]:中務内侍日記
「太刀を横さまにすぢかへたるやうにつけて...」

[訳]:太刀を横にして斜めにしてつけて...


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。