manapedia
文明開化で変わったこと~食べ物・服装・生活スタイル~
著作名: 早稲男
30,418 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

文明開化

政府の指導で近代化が一気に進み、西洋の文化が日本でも広がり始めます。食生活・生活スタイル・街並みなど、すべてが変わり始めた時代です。

食生活

現在親しまれている料理の中にも、この時期に広まったものはたくさんあります。
例えばすきやき。当時の日本には肉を食べるという文化がありませんでした。獣の肉を食べると体が汚れるという仏教思想があったからです。
文明開化でもたらされた変化の1つに、牛肉を食べるようになったとだけ書いてある参考書も多いですが、背景には今までの人は宗教的理由から牛肉を食べる習慣が全くなく、その習慣を見事に打ち破ったということが驚きだったのです。今で言う、ヒンドゥー教の人たちが牛を食べるようになったぐらいのインパクトだと思います。
また、パンカレーライスなど、我々に馴染みのある食べ物もこの時代に誕生しました。

生活スタイル

江戸時代と明治時代との大きな違いの1つに、ちょんまげを結わなくなったことが挙げられます。
この時期のヘアースタイルはざんぎり頭と呼ばれ、「ざんぎり頭を叩いてみれば文明開化の音がする。ちょんまげ頭を叩いてみれば、因循姑息の音がする」などという歌も詠まれ、ざんぎり頭は急速に市民権を得ていきます。

街並み

江戸の街並みにも大きな変化が訪れました。テーブルや椅子なども庶民の間で使われるようになります。
レンガで作られた西洋風の建物が並び、新橋・横浜間には日本初の鉄道が敷かれました。


当時の日本人に学ぶべきところは、欧米からすべてを受け入れるのではなく、日本流にアレンジをして和洋折衷をはかったという点です。



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






日本史