manapedia
17世紀~18世紀のヨーロッパ文化 ~文学編~
著作名: エンリケ航海王子
14,788 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

17世紀から18世紀のヨーロッパ文学は、主にイギリスとフランスで発達しました。

イギリスの文学

17世紀から18世紀のイギリス文学は主にミルトン、バンヤン、スウィフトといった作家が活躍します。

ミルトン(1608~1674)


ALT


ピューリタンの生き方や心情を表現するピューリタン文学の旗手です。『失楽園』という作品を残しました。
この作品は、旧約聖書の中にある楽園の喪失を物語にしたもので、堕天使のルシファーの再起などを描いています。ミルトンはこの著作を通じて、神の摂理を表現しようとしました。

ALT


(堕天使ルシファー)

バンヤン(1628~1688)


ALT


ピューリタン革命時、革命そのものに参加した経験をもつイギリスの作家です。代表作『天路歴程』はミルトンの作品に並ぶピューリタン文学で、彼らの信仰上の苦悩を描き出しました。

ALT


(天路歴程)

スウィフト(1667~1745)


ALT


スウィフトはアイルランド出身の作家です。風刺作家として有名で、風刺文学の傑作『ガリヴァー旅行記』を書き上げました。
小人の国に迷い込んだガリヴァーの物語は、現在でも親しまれていますが、スウィフトは当時のイギリス社会を、架空のガリヴァーの冒険を通じて、痛烈に批判しています。

ALT


(ガリヴァー旅行記)

1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






世界史