manapedia
古文単語「すでに/既に/已に」の意味・解説【副詞】
著作名: 走るメロス
1,756 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

すでに/既に/已に

ALT

副詞

意味1

残す所なくすっかり

[出典]:万葉集
「天の下すでに覆ひて降る雪の光を見れば貴くもあるか。」

[訳]:地上をすっかり覆って降る雪の光を見ると、貴く思われることだ。


意味2

(すでに〜完了/過去の形で)
もはや、とっくに、もう

[出典]:宇治拾遺物語 児のそら寝
すでにしいだしたるさまにて、ひしめき合ひたり。 」

[訳]もう出来上がったようで、(僧たちが)わいわいやっています。


意味3

(すでに〜推量の形で)
いよいよ、今にも、もう少しで

[出典]:平家物語
「すげなういはれたてまって、すでに出でんとしけるを...」

[訳]:そっけなく言われ申して、今にも退出しようとしたところ...


意味4

(すでに〜断定の形で)
まさしく、間違いなく

[出典]:平家物語
「この少将はすでにかの大納言が嫡子なり.」

[訳]:この少将はまさしくあの大納言の嫡男である。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。