manapedia
古文単語「あはれ」の意味・解説【感動詞/名詞】
著作名: 走るメロス
3,034 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

あはれ

ALT

※「あはれ」には、
①感動詞
②名詞
の用法がある。
①感動詞

意味

ああ

[出典]絵仏師良秀 宇治拾遺物語
あはれ、しつるせうとくかな。年ごろはわろく書きけるものかな。」

[訳]:「ああ、もうけものをしたよ。長い間(私は背景の炎を)下手に描いてきたものだよ。」


②名詞

意味1

しみじみとした趣

[出典]新古今和歌集 西行
「心なき身にもあはれは知られけり鴫立つ沢の秋の夕暮れ」

[訳]:(俗世間から離れた私のような)趣を理解しない身であっても、しみじみとした趣は自然と感じられるものだなあ。鴫(しぎ)が飛び立つ沢の夕暮れよ。


意味2

愛情、情け、人情

[出典]:徒然草 兼好法師
「さては、もののあはれは知りたまはじ。」

[訳]:それでは、人の情けというものはお分かりにならないだろう。


意味3

悲しさ、寂しさ

[出典]:平家物語
「小夜の中山にかかりたまふにも、また越ゆべしとも覚えねば、いとどあはれの数添ひて、袂ぞいたくぬれまさる」

[訳]:(鎌倉へと搬送される途中に)小夜の中山にさしかかりなさるにつけても、(捕虜の身なので)再び越えることができるとは思われないので、ますます寂しさがまして、(涙で)袂がたいへん濡れている。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。