manapedia
古文単語「まうく/設く/儲く」の意味・解説【カ行下二段活用】
著作名: 走るメロス
1,012 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

まうく/設く/儲く

ALT

カ行下二段活用

未然形まうけ
連用形まうけ
終止形まうく
連体形まうくる
已然形まうくれ
命令形まうけよ


意味1:他動詞

準備する、用意する

[出典]徒然草 兼好法師
「迎ふる気、下にまうけたるゆゑに、待ちとるついで甚だ速し。」

[訳]:きたる変化(葉が落ちること)を用意して待っている生気が、(木の)内部で準備しているので、待ち受け(葉が落ちてから新芽が出)る順序がとても速いのです。


意味2:他動詞

設置する、造る、建てる

[出典]:落窪物語
「男君もいと頼もしう、三つば四つばも設けたまひてむ。」

[訳]:男君も大変頼もしく、三棟、四棟とお建てになるでしょう。


意味3:他動詞

(子どもや配偶者を)
得る、できる

[出典]沙石集
「ねずみの、娘をまうけて...」

[訳]:ねずみが、娘を得て...


意味4:他動詞

利益を得る、拾う

[出典]徒然草 兼好法師
「からき命まうけて、久しく病みゐたりけり。」

[訳]:危うい命を拾って、長い間病床についていたのである。


意味5:他動詞

(病気などに)
かかる

[出典]:徒然草 兼好法師
「この世には過ち多く、財を失ひ、病をまうく。」

[訳]:この世には(酒の)過ちが多く、財産を失い、病気にかかる


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。