manapedia
古文単語「わななく/戦慄く」の意味・解説【カ行四段活用】
著作名: 走るメロス
869 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

わななく/戦慄く

ALT

カ行四段活用

未然形わななか
連用形わななき
終止形わななく
連体形わななく
已然形わななけ
命令形わななけ


意味1:自動詞

(緊張、恐怖、寒さなどで)
体が震える

[出典]枕草子 清少納言
「...と、わななくわななく書きてとらせて、いかに思ふらむとわびし。」

[訳]:...と、震え震えながら書いて(主殿寮の人に)渡したのですが、(向こうの方々が)どのように思っているのだろうかと(考えると、)つらく感じます。


意味2:自動詞

(声や音などが)
震える

[出典]:枕草子 清少納言
「...神楽の笛のおもしろく、わななきふきすまされてのぼるに...」

[訳]:...神楽の笛が素晴らしく震えながら澄んだ音色で吹かれるて昇っていくのに...


意味3:自動詞

(筆跡や髪などが)
乱れる、ほつれ乱れる

[出典]:枕草子 清少納言
「髪なども我がにはあらねばにや、ところどころわななき散りぼひて...」

[訳]:髪なども(つけ毛で)自分のものではないからであろうか、ところどころほつれ乱れてばさばさになって...


意味4:自動詞

ざわめき騒ぐ、騒いで体をゆする

[出典]:落窪物語
「下﨟の物見むと、わななき騒ぎ笑ふこと限りなし。」

[訳]:身分の低い者が物見しようと、ざわめき騒いで笑うことこのうえない。



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。