manapedia
古文単語「さはれ/然はれ」の意味・解説【感動詞/接続詞】
著作名: 走るメロス
794 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

さはれ/然はれ

ALT

※「さはれ/然はれ」には、
①感動詞
②接続詞
の用法がある。
①感動詞

意味

ええい、ままよ、どうとでもなれ

[出典]枕草子 清少納言
「げに遅うさへあらむは、いと取りどころなければ、さはれとて...」

[訳]:いかにも(歌の内容が悪くそのうえ返事も)遅いとなっては、たいそうとりえもないので、ままよ、と思って...


②接続詞

意味

しかし、それはそうとして

[出典]:枕草子 清少納言
「『さはれ、道にても。』などと言ひて、みな乗りぬ。」

[訳]:『それはそうとして、道中でも(よいだろう)。』などと言って、みな乗りました。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。