manapedia
古文単語「げに/実に」の意味・解説【副詞】
著作名: 走るメロス
1,274 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

げに/実に

ALT

副詞

意味1

(他人の言葉や前述の内容をうけて)
なるほど、いかにも

[出典]枕草子 清少納言
「あはれなることなど、人のいひ出で、うち泣きなどするに、げにいとあはれなりなど聞きながら、涙のつと出で来ぬ、いとはしたなし。」

[訳]:しみじみと心打たれることなどを、人がし出して、(その人が)ふと泣たりなどしている時に、なるほどとても気の毒だと思い聞きながら、涙がすぐに出てこないことは、とてもきまりが悪い。


意味2

(ある事象を現実だと認めて)
本当に

[出典]発心集
「このこと、げにとおぼえず。」

[訳]:(目の前に現れた蓮花城の霊に対して、)これは、本当だとは思えません。


意味3

(文意を強調して)
実に、まったく

[出典]:源氏物語 紫式部
「...いと恥づかしうなむ」とて、げにえ堪ふまじく泣いたまふ。 」

[訳]:「...たいへん恥ずかしくて。」といって、まったく我慢できそうになくお泣きになる。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。