manapedia
古文単語「すずろなり/漫ろなり」の意味・解説【形容動詞ナリ活用】
著作名: 走るメロス
2,564 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

すずろなり/漫ろなり

ALT

形容動詞・ナリ活用

未然形すずろなら
連用形すずろなりすずろに
終止形すずろなり
連体形すずろなる
已然形すずろなれ
命令形(すずろなれ)


意味1

なんということもない、当てがない、わけもない

[出典]源氏物語 紫式部
「...とて、いみじく泣くを見給ふも、すずろに悲し。」

[訳]:...といって、たいそう泣いているのをご覧になるのも、なんということもなく悲しい気がします。


意味2

はしたない、思慮に欠けている

[出典]:源氏物語 紫式部
「さて通ひたまはむもさすがにすずろなる心地して...」

[訳]:そのまま(紫の上のもとに)お通いになるのもやはりはしたない気がして...


意味3

関係がない、見ず知らずの

[出典]徒然草 兼好法師
「主ある家には、すずろなる人、心のままに入り来ることなし。」

[訳]:主人のある家には、見ず知らずの人が、勝手気ままに入ってくることはありません。


意味4

思いがけない、予想外の

[出典]伊勢物語
「わが入らむとする道はいと暗う細きに、つたかえでは茂り、物心ぼそく、すずろなるめを見ることと思ふに...」

[訳]:自分が入ろうとする道は、とても暗く細く、(おまけに)つたや楓が茂っていたので、なんとなく心細く、(この道を行くと)思いがけない目に遭うのだろうと思っていたところ...


意味5

むやみやたらに

※この用法の場合、「すずろに」の形で用いられる。
[出典]:徒然草 兼好法師
「逃げむとするを、捕らへて、引きとどめて、すずろに飲ませつれば...」

[訳]:逃げようとするのを、捕まえて、引きとどめて、むやみやたらに飲ませてしまうと///


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。