manapedia
高校英語「~された」と訳す過去分詞 現在分詞と過去分詞の使い分け 
著作名: ほりぃ
17,583 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

前回のおさらい

前回は、分詞の中でも「~している」と訳す現在分詞について説明をしました。
今回はもう1方の、過去分詞について説明します。その前に前回のおさらいです。

分詞には2つの意味があります。
現在分詞~ing~している
過去分詞have+過去分詞~された


これは分詞の使い方を覚える上でキーとなるものなので、まず頭に入れておいて下さい。

過去分詞

それでは過去分詞の説明にうつりましょう。
~された

This is a book written by Haruki Murakami.
この本は村上春樹氏に書かれた本です。

この例文のように ~された というときに使うのが過去分詞です。現在分詞同様、過去分詞の文章にも裏があります。

This is a book (which is) written by Haruki Murakami.

この文章でも which is という関係代名詞が省略されています。
このように覚えると作文をするときに非常に便利です。

例外もあるよ

しかしながら現在分詞と同様に、過去分詞も必ずしもこのパターンだけではありません。

The garden was covered with fallen leaves.
庭は落ち葉で覆われていた。

このように、後ろの名詞にかかるような場合、省略しているという考え方はできません。
現在分詞と同じように、分詞1語で名詞を修飾する場合、普通は分詞をその名詞の前におくのが通例です。

まとめ

以上が分詞の大枠です。
細かいことはまだまだありますが、流れを掴んでおけば今後の学習も楽になるはずです。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






英語