manapedia
古文単語「仕うまつる/つかうまつる」の意味・解説【ラ行四段活用】
著作名: 走るメロス
1,370 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

仕うまつる/つかうまつる

ALT

ラ行四段活用

未然形つかうまつら
連用形つかうまつり
終止形つかうまつる
連体形つかうまつる
已然形つかうまつれ
命令形つかうまつれ


※「仕ふ」の連用形「仕へ」に謙譲の補助動詞「まつる」の付いた言葉「仕へまつる」がウ音便化したもの。

意味1:自動詞

(仕ふの謙譲語で)
お仕え申し上げる

[出典]源氏物語 紫式部
「近うなれ仕うまつるをうれしきことにて、四、五人ばかりぞ、つと候ひける」

[訳]:(光源氏のお側に)お仕え申し上げていることを嬉しく思い、四、五人ほどがそのままお仕えしていました。


意味2:他動詞

〜して差し上げる、〜し申し上げる

[出典]竹取物語
「仕うまつる百官の人々、あるじいかめしう仕うまつる。」

[訳]:お仕え申し上げている多くの役人に、もてなしを盛大にして差し上げます

※「仕うまつる百官の人々」の「仕うまつる」は意味1の訳。


意味3:補助動詞

お〜申し上げる、お〜致す

※この用法の場合、動詞の連用形につく。
[出典]:源氏物語 紫式部
「...隠しとどむることなく広めつかうまつりはべり。」

[訳]:...隠しとどめることなく広め申し上げます


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。