manapedia
aとanの使い分け
著作名: ほりぃ
86,358 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

aとanをどうやって使い分けるのか

This is a pen.
This is an apple.

このような例文があったとします。それぞれ

①これはペンです。
②これはりんごです。

と訳すことができますが、penの前にはaがつき、appleの前にはanがついています。この違いは何なのかについて説明をしたいと思います。
単語によって使い分けされる

複数形ではなく単数のときにaやanを使うのはご存知ですよね?
結論から言うと『aは子音で始まる単語、anは母音で始まる単語の前につけます。
日本語と同じように、母音とはaiueo(あいうえお)のことで、子音とはそれ以外を指します。

aiueoで始まる単語にはanをつける


では最初の例文に戻ってみてみましょう。

①の場合、penは子音(p)から始まる単語ですのでaがつきます。
②の場合、appleは母音(a)から始まる単語なのでanがつきます。

他にいくつか例をあげてみましょう。

aがつくものcap(帽子)、cup(コップ)、dog(犬)、pencil(鉛筆)
anがつくものegg(卵)、eye(目)、orange(オレンジ)



いかがでしたでしょうか。
次回は、aやanはどのような時に使うのという点について説明をしてみたいと思います。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。


最近見たテキスト
2_197 aとanの使い分け
10分前以内
>




中学英語