manapedia
古文単語「まじ」の意味・解説【助動詞】
著作名: 走るメロス
3,496 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

まじ

ALT

助動詞

未然形まじくまじから
連用形まじくまじかり
終止形まじ
連体形まじきまじかる
已然形まじけれ
命令形


※活用語の終止形、ラ変型活用語、形容詞(カリ活用)そして形容動詞の連体形に付く。

意味1:打消推量

〜ないだろう、〜はずはない

[出典]土佐日記 紀貫之
「かの国の人聞き知るまじくおもほえたれども...」

[訳]:あちらの国の人は、聞いてもわかるはずはないと思われたのだけど...


意味2:打消意志

〜ないつもりだ、〜つもりはない

[出典]:枕草子 清少納言
「ただ今は見るまじ、とて...」

[訳]:今すぐここで見るつもりはない、といって...


意味3:不適当、禁止

〜ないのがよい、〜べきでない、〜てはいけない

[出典]:徒然草 兼好法師
「妻といふものこそ男の持つまじきものなれ。」

[訳]:妻というものこそ、男がもつべきでないものだ。


意味4:不可能の予測

〜できそうにない、〜できない

[出典]伊勢物語
「女の、え得まじかりけるを...」

[訳]:女性で、自分のものにすることができそうになかったのを...


備考

「まじう」は連用形「まじく」のウ音便。「まじい」は連体形「まじく」イ音便。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。