manapedia
古文単語「やうやう/漸う/やうやく/漸く」の意味・解説【副詞】
著作名: 走るメロス
3,997 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

やうやう/漸う

ALT

「やうやう/漸う」は「やうやく/漸く」のウ音便である。
副詞

意味1

だんだん、次第に

[出典]枕草子 清少納言
「春はあけぼの。やうやう白くなりゆく山際、少し明かりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。」

[訳]:春は夜がほのぼのと明けようとする頃(が良い)。(日が昇るにつれて)だんだんと白んでいく、山際の辺りが少し明るくなって、紫がかっている雲が横に長く引いている様子が良い。


意味2

そろそろと

[出典]:源氏物語 紫式部
「こなたにて御菓物参りなどしたまへど、やうやう見巡らして、母君の見えぬを求めて...」

[訳]:こちらで果物を召し上がったりなさいますが、そろそろと(辺りを)見回して、母君が見えないのを探し求めて...


意味3

やっとのことで、かろうじて

[出典]:奥の細道 松尾芭蕉
「その日、やうやう草加といふ宿にたどり着きにけり。」

[訳]:その日、やっとのことで草加という宿にたどり着いたのでした。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学国語