manapedia
古文単語「わづらはし/煩はし」の意味・解説【形容詞シク活用】
著作名: 走るメロス
1,161 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

わづらはし/煩はし

ALT

形容詞・シク活用

未然形わづらはしくわづらはしから
連用形わづらはしくわづらはしかり
終止形わづらはし
連体形わづらはしきわづらはしかる
已然形わづらはしけれ
命令形わづらはしかれ


意味1

やっかいだ、面倒だ、うるさい

[出典]今日はそのことをなさんと思へど 徒然草
煩はしかりつる事はことなくて...」

[訳]面倒だったことは(思ったよりも)容易で...


意味2

複雑である

[出典]:竹取物語
「宮仕へ仕うまつらずなりぬるも、かくわづらはしき身にてはべれば...」

[訳]:帝にお仕え申し上げないままになってしまいましたのも、このように複雑な身の上でございますので...


意味3

気を遣わせられる、はばかれる、けむたい

[出典]桐壷 源氏物語
「皇女たちなどもおはしませば、この御方の御諌めをのみぞ、なほわづらはしう、心苦しう思ひきこえさせ給ひける。」

[訳]:皇女たちなどもいらっしゃるので、この御方(女御)のご忠告だけは、やはりはばかられ、心苦しくお思い申し上げなさるのでした。


意味4

病気が重い

[出典]:徒然草 兼好法師
「さまざまにつくろひけれど、煩はしくなりて...」

[訳]:いろいろと治療したが、病気が重くなって...


備考

「わづらはしう」は「わづらはし」の連用形のウ音便。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。