manapedia
文単語「いやし/卑し/賎し」の意味・解説【形容詞シク活用】
著作名: 走るメロス
1,461 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

いやし/卑し/賎し

ALT

形容詞・シク活用

未然形いやしくいやしから
連用形いやしくいやしかり
終止形いやし
連体形いやしきいやしかる
已然形いやしけれ
命令形いやしかれ


意味1

身分が低い、地位が低い

[出典]竹取物語
「世界の男、あてなるいやしきも、いかでこのかぐや姫を、得てしがな、見てしがなと...」

[訳]:世の中の男たちは、身分が上の者もの者も、どうにかしてかぐや姫を手に入れたい、妻にしたいと...


意味2

下品である、品性が劣っている

[出典]枕草子 清少納言
「ただ文字一つに、あやしう、あてにもいやしうもなるは、いかなるにかあらむ。」

[訳]:ただ文字の一つで、不思議なことに、上品にも下品にもなるのは、どういうわけでしょうか。


意味3

みすぼらしい、貧しい

[出典]竹取物語
「かぐや姫は、罪をつくり給へりければ、かくいやしきおのれがもとに、しばしおはしつるなり。」

[訳]:かぐや姫は、(天界で)罪をお作りになったので、このようにみすぼらしいお前のところにしばらくの間いらっしゃったのだ。


備考

「いやしう」は「いやし」の連用形のウ音便。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。