manapedia
古文単語「かしこし/賢し」の意味・解説【形容詞ク活用】
著作名: 走るメロス
1,164 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

かしこし/賢し

ALT

形容詞・ク活用

未然形かしこくかしこから
連用形かしこくかしこかり
終止形かしこし
連体形かしこきかしこかる
已然形かしこけれ
命令形かしこかれ


「かしこし」には
・賢し
・畏し/恐し

の用法があり、意味が異なる。ここでは「賢し」の解説を行う。

※参照:かしこし/畏し/恐しの解説

意味1

利口である、才知に富んでいる

[出典]:源氏物語 紫式部
「世に知らず、聡うかしこくおはすれば...」

[訳]:世間に例がないほど、聡明で才知に富んでいらっしゃるので...


意味2

素晴らしい、巧みである

[出典]蓬莱の玉の枝 竹取物語
「皇子の君、千日、いやしき工匠らと、もろともに、同じ所に隠れゐたまひて、かしこき玉の枝を作らせたまひて...」

[訳]:皇子は1000日、身分の低い工匠らと一緒に同じところにお隠れになって、素晴らしい玉の枝をお作らせになり...


意味3

都合が良い、幸運である、具合がよい

[出典]:源氏物語 紫式部
「風吹かず、かしこき日なり...」

[訳]:風が吹かずに都合が良い日である...


意味4

並々でなく、盛大に、大いに

※この用法の場合、「かしこく」の形で用いられる。

[出典]竹取物語
「男はうけきらはず呼び集へて、いとかしこく遊ぶ。」

[訳]:男という男は誰でもかまわずに呼び集めて、たいそう盛大に管弦の遊びをます。


※参照:かしこし/畏し/恐しの解説

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。