manapedia
古文単語「うす/失す」の意味・解説【サ行下二段活用】
著作名: 走るメロス
994 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

うす/失す

ALT

サ行下二段活用

未然形うせ
連用形うせ
終止形うす
連体形うする
已然形うすれ
命令形うせよ


意味1:自動詞

なくなる、消える

[出典]平泉 奥の細道
「七宝散りうせて、珠の扉風に破れ...」

[訳]:宝はなくなり、珠宝で飾られた扉は風雨でいたみ...


意味2:自動詞

いなくなる、姿を消す

[出典]:更級日記 菅原孝標女
「みかど、きさき、皇女うせ給ひぬと思しまどひ...」

[訳]:帝や后は、皇女が姿を消されてしまったと途方に暮れなさり...


意味3:自動詞

死ぬ、亡くなる

[出典]九月二十日のころ 徒然草
「その人、ほどなく失せにけりと聞き侍りし。」

[訳]:その人は、しばらくして亡くなってしまったと伺いました。



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。