manapedia
古文単語「くちをし/口惜し」の意味・解説【形容詞シク活用】
著作名: 走るメロス
2,196 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

くちをし

ALT

形容詞・シク活用

未然形くちをしくくちをしから
連用形くちをしくくちをしかり
終止形くちをし
連体形くちをしきくちをしかる
已然形くちをしけれ
命令形くちをしかれ


意味1

残念だ、がっかりだ、悔しい

[出典]帰京 土佐日記
「忘れがたく、口惜しきこと多かれど、え尽くさず。」

[訳]:忘れることもできず、残念なことも多いが、書き尽くすことはできない。


意味2

つまらない、おもしろくない

[出典]数寄の楽人 発心集
「王位は口惜しきものなりけり。」

[訳]:王位というのはおもしろくないものであることよ。


意味3

情けない、遺憾である

[出典]大鏡
「わが子どもの、影だに踏むべくもあらぬこそ、くちをしけれ。」

[訳]:私の子供たちは、(四条の大納言の)影を踏むこともできない(ほど遅れをとっている)ことが、情けない


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。