manapedia
古文単語「くゆる/燻る/薫る」の意味・解説【ラ行四段活用】
著作名: 走るメロス
1,968 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

くゆる/燻る/薫る

ALT

ラ行四段活用

未然形くゆら
連用形くゆり
終止形くゆる
連体形くゆる
已然形くゆれ
命令形くゆれ


意味1:自動詞

(煙やにおいが)
立ち上がる、くすぶる

[出典]絵仏師良秀 宇治拾遺物語
「けぶり・炎くゆりけるまで、おほかた、向かひのつらに立ちてながめければ...」

[訳]:煙や火が立ち上ったときまで、総じて、家の向かいに立って(その様子を)眺めていたので...


意味2:自動詞

恋い慕う、思い悩む

[出典]:大和物語
「人知れぬ心のうちにもゆる火は煙もたたでくゆりこそすれ」

[訳]:人に知られないように心の中で(あなたを恋い慕い)燃える火は、煙は立たずに心の中でくすぶり、悩み後悔しているところです。

※「くゆる」は「燻ゆ」と「悔ゆ」がかかる掛詞として訳している。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。