manapedia
古文単語「おほふ/覆ふ/被ふ」の意味・解説【ハ行四段活用】
著作名: 走るメロス
2,650 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

おほふ/覆ふ/被ふ

ALT

ハ行四段活用

未然形おほは
連用形おほひ
終止形おほふ
連体形おほふ
已然形おほへ
命令形おほへ


意味1:他動詞

上から覆いかぶせる

[出典]竹取物語
「玉の枝をば長櫃に入れて、物おほひて持ちて参る。」

[訳]:玉の枝は長櫃にいれて、物で覆って持って参上しました。


意味2:他動詞

包み隠す

[出典]:平家物語
「小瑕をもってその功をおほふことなかれ。」

[訳]:わずかな欠点を理由にその功績を包み隠してはならない。


意味3:他動詞

広く行き渡らせる

[出典]:太平記
「威をあまねく海内におほひしかども...」

[訳]:権威を残すところなく国内に広く行き渡らせましたが...


おしおほふ

接頭語「おし」をつけて、「おしおほふ/押し覆ふ」という言葉もある。その場合の活用は以下のとおり。(ハ行四段活用)

未然形おしおほは
連用形おしおほひ
終止形おしおほふ
連体形おしおほふ
已然形おしおほへ
命令形おしおほへ


[出典]宇治拾遺物語
「家の隣より火出で来て、風おしおほひてせめければ...」

[訳]:家の隣から火が発生して、風が(火に)おおいかぶさって(火が)せまってきたので...



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。