manapedia
古文単語「はしる/走る/奔る」の意味・解説【ラ行四段活用】
著作名: 走るメロス
849 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

はしる/走る/奔る

ALT

ラ行四段活用

未然形はしら
連用形はしり
終止形はしる
連体形はしる
已然形はしれ
命令形はしれ


意味1:自動詞

駆ける、走る

[出典]若紫・北山の垣間見 源氏物語
「十ばかりにやあらむと見えて、白き衣、山吹などの、なえたる着て走り来たる女子...」

[訳]:十歳ほどであろうと思われる、白い下着に、山吹襲で着慣れている物を着て駆けて来た女の子がいますが...


意味2:自動詞

飛び散る、はねる

[出典]五月ばかりなどに 枕草子
「人などのあゆむに走り上がりたる、いとをかし。」

[訳]:人が歩くときに水がはね上がったりするのは趣がある。


意味3:自動詞

胸がどきどきする、わくわくする

[出典]:更級日記 菅原孝標女
はしるはしるわづかに見つつ...」

[訳]わくわくしながらわずかに読んでは...


意味4:自動詞

逃げ出す、逃げる

[出典]:方丈記 鴨長明
走り出づれば、地割れ裂く。」

[訳]:(地震のために外に)逃げ出すと、地面が割れ裂ける。




このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。