manapedia
古文単語「ふきかへす/吹き返す」の意味・解説【サ行四段活用】
著作名: 走るメロス
403 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

ふきかへす/吹き返す

ALT

サ行四段活用

未然形ふきかへさ
連用形ふきかへし
終止形ふきかへす
連体形ふきかへす
已然形ふきかへせ
命令形ふきかへせ


意味1:自動詞

風向きが変わって逆の方向に吹く

[出典]:後拾遺和歌集 雑五 134 康資王母
ふきかへす東風の返しは身にしみき都の花のしるべと思ふに」

[訳]逆の方向に吹く東風の返しは身にしみました。都の花の様子を知る頼りと思っておりますので。


意味2:他動詞

風が吹いてもとに戻す

[出典]:古今和歌集 景式王
「小夜ふけてなかば長けゆく久方の月吹きかへせ秋の山風」

[訳]:夜が更けて、半ば西に傾いているあの月を吹き戻してくれ、秋の山風よ。


意味3:他動詞

風が袖や裾などをひるがえす、風が物を裏返す

[出典]:新古今集和歌集 藤原定家
「旅人の袖吹き返す秋風に夕日さびしき山の懸け橋」

[訳]:旅人の袖をひるがえす秋風の中、夕日が寂しく照らしている山の懸け橋であるよ。



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。