manapedia
源氏物語『御法・紫の上の死』(秋待ちつけて世の中少し〜)の現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
24,588 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

源氏物語『御法』

ここでは、源氏物語の『御法』の章から、「秋待ちつけて、世の中少し涼しくなりては〜」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説をしています。書籍によっては「紫の上の死」、「荻の上露」と題するものもあるようです。

原文

秋待ちつけて、世の中少し涼しくなりては、御心地もいささかさはやぐやうなれど、なほともすればかごとがまし。さるは、身にしむばかり思さるべき秋風ならねど、露けき折がちにて過ぐし給ふ。

中宮は、参り給ひなむとするを、
「今しばしは御覧ぜよ。」


とも、聞こえまほしう思せども、さかしきやうにもあり、内裏の御使ひの隙なきもわづらはしければ、さも聞こえ給はぬに、あなたにもえ渡り給はねば、宮ぞ渡り給ひける。かたはらいたけれど、げに見奉らぬもかひなしとて、こなたに御しつらひをことにせさせ給ふ。
「こよなう痩せ細り給へれど、かくてこそ、あてになまめかしきことの限りなさもまさりてめでたかりけれ。」


と、来し方あまりにほひ多く、あざあざとおはせし盛りは、なかなかこの世の花の香にもよそへられ給ひしを、限りもなくらうたげにをかしげなる御さまにて、いとかりそめに世を思ひ給へるけしき、似るものなく心苦しく、すずろにもの悲し。

つづき
「風すごく吹き出でたる夕暮に〜」現代語訳と解説

現代語訳(口語訳)

ようやく秋がきて、世の中が少し涼しくなってからは、(紫の上は)ご気分は少しは回復しているようではありますが、ややもすれば、(病状が蒸し返されるので)恨めしい気持ちです。(秋がきた)とはいっても、まだ身にしみるほどの秋風がふくわけではないですが、涙でしめりがちな日々をお過ごしになります。

(見舞いにきていた)中宮(紫の上が養女として育てた明石の姫君)が、宮中に参内なさろうとするのを、

「もうしばらくご滞在なさってください(私を御覧になっていてください)。」


とも申し上げたくお思いになるのですが、出すぎた(ことを言う)ようでもあり、宮中からの使いが(中宮のもとへ)ひっきりなしにやってくるのにも気をつかうので、(紫の上は)そう(もうしばらくご滞在になってくださいと)は申し上げることはなさいませんが、あちら(宮中)にも(体調が悪く)お渡りになることができずにいらっしゃるので、中宮がお渡りになってきたのです。(紫の上は)きまりが悪いですが、いかにも(中宮の顔を)御覧にならないのもつまらないので、こちら(紫の上がいる西の対)に御座所を特別に設けさせます。

(中宮がおっしゃいます)
「すっかりやせ細っていらっしゃいますが、(かえって)このほう(やせ細っているほう)が、高貴で優美でいらっしゃることの限りなさがいっそうまさってすばらしいですね。」


と、これまではあまりにも気品に満ちて、きわだっていらっしゃった女盛りの頃は、(紫の上は)なまじっかこの世の花の香りにも例えられていらっしゃいましたが、(やせ細った今のご様子は他のものに例えようもなく)この上もなく可愛らしいご様子で、(残りの命を考えると)この世は一時的なものだとお思いになられている様は、他に似るものもなく、やりきれなく、むやみやたらに物悲しいものです。

つづき
「風すごく吹き出でたる夕暮に〜」現代語訳と解説

次ページ:品詞分解と単語・文法解説


1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。