manapedia
高校英語 動名詞と不定詞の違い~動名詞の使い方と見分け方~
著作名: ほりぃ
168,127 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

動名詞と不定詞の違い

A:She stopped listening to the music.
B:She stopped to listen to the music.

どちらも、「彼女は音楽を聞くのをやめた」と訳したくなりますが、その意味を持つのはAの文章のみです。Bの文章は、「彼女は音楽を聞くために立ち止まった」の訳になります。
うーんややこしい!

ここでは、後ろに動名詞しかつかない動詞、後ろに不定詞しかつかない動詞を紹介しましょう。

後ろに動名詞しかつかない動詞

後ろに動名詞しかつかないとは、「動詞+~ing」の形を取るということです。
動詞意味使い方
finish~ing~をやめるI finished reading the book.
enjoy~ing~を楽しむI enjoyed playing football.
give up~ing~をあきらめるI gave up smoking.
practice~ing~を練習するI practiced playing the violin.
miss~ing~をし損なうI missed watching that movie.


他にも、avoid~ing(~するのを避ける)、escape~ing(~するのを逃れる)、put off~ing(~するのを延期する)などがあります。

後ろに不定詞しかつかない動詞

動詞意味使い方
decide to~~することを決めるI decided to go to Spain.
want to~~したいと思うI want to go to shopping.
plan to~~することを計画するI planned to go to Yamagata.
mean to~これから~するつもりだI mean to call her.


他にも、promise to~(~することを約束する)、agree to~(~することに賛成する)、manage to~(なんとか~する)などがあります。

どうやって見分けるのか

ではこれらをどうやって見分けるかですが、厳密な定義は存在していません。
しかし、動名詞を目的語にする動詞は、「一般的行為」「普段/過去にしていること」(動名詞の原義)に何らかの対処をする行為を表す傾向があるのに対し、 to不定詞を目的語にする動詞は、「この先のこと」(to不定詞の原義)の実現に積極的に向かう行為を表す傾向があります。

例えば動名詞を目的語にする動詞ですが
finish(終わったところだよ)、enjoy(楽しんできたよ)、give up(あきらめたよ)のように、過去を振り返って使われる動詞が多いですよね。

一方で不定詞を目的語にする動詞は
want(~したい)、decide(~することを決めた)、plan(~を計画する)と、現在から将来のことを表す動詞が多いですね。


しかしながらこれらはあくまでも傾向ですが、ある程度は頭に入れておくことをお勧めします。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






英語