manapedia
源氏物語『若菜上・柏木と女三宮』(御几帳どもしどけなく引きやりつつ〜)の現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
5,529 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

源氏物語『若菜上・柏木と女三宮』

ここでは、源氏物語の『若菜上』から、「御几帳どもしどけなく引きやりつつ〜」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説をしています。書籍によっては『柏木と女三宮』と題するものもあるようです。

原文

御几帳どもしどけなく引きやりつつ、人気近く世づきてぞ見ゆるに、唐猫のいと小さくをかしげなるを、少し大きなる猫追ひ続きて、にはかに御簾のつまより走り出づるに、人々おびえ騒ぎて、そよそよと身じろきさまよふ気配ども、衣の音なひ、耳かしかましき心地す。猫は、まだよく人にもなつかぬにや、綱いと長く付きたりけるを、物にひきかけまつはれにけるを、逃げむと引こじろふほどに、御簾の側いとあらはに引き開けられたるを、とみに引き直す人もなし。この柱のもとにありつる人々も、心あわたたしげにて、ものおぢしたる気配どもなり。


几帳の際少し入りたるほどに、袿姿にて立ち給へる人あり。階より西の二の間の東の側なれば、紛れどころもなくあらはに見入れらる。紅梅にやあらむ、濃き、薄き、すぎすぎに、あまた重なりたるけぢめ、はなやかに、草子のつまのやうに見えて、桜の織物の細長なるべし。御髪の裾までけざやかに見ゆるは、糸をよりかけたるやうになびきて、裾のふさやかにそがれたる、いとうつくしげにて、七、八寸ばかりぞ余り給へる。御衣の裾がちに、いと細くささやかにて、姿つき、髪のかかり給へる側目、言ひ知らずあてにらうたげなり。夕影なれば、さやかならず、奥暗き心地するも、いと飽かず口惜し。鞠に身を投ぐる若君達の、花の散るを惜しみもあへぬ気色どもを見るとて、人々、あらはをふともえ見つけぬなるべし。猫のいたく鳴けば、見返り給へる面持ち、もてなしなど、いとおいらかにて、若くうつくしの人やと、ふと見えたり。

つづく
「大将、いとかたはらいたけれど〜」の現代語訳と解説

現代語訳(口語訳)

御几帳などがだらしなく引きやられており、人のいる気配が近くて世慣れて見えているところに、唐猫でたいそう小さくてかわいらしいのを、少し大きな猫が追いかけて、急に御簾の端から走りだしたので、女房たちが怖がり騒いで、ざわざわと身動ぎ動きまわる様子や、衣擦れの音が、耳にやかましく思います。猫は、まだよく人になついていないのでしょうか、綱がたいそう長くつけてあったのを、(猫は綱を)物にひっかけ(綱が)からみついてしまったので、逃げようとして無理に引っ張るうちに、御簾の端がたいそう丸見えになるほど引き開けられたのを、すぐに直す人もいません。この柱の傍らにいた女房たちも、心が慌てているようで、物怖じしている様子です。


几帳のそばから少し入ったところに、袿姿で立っていらっしゃる方がいます。階から西の二間の東の端なので、隠れようもなくすっかりのぞくことができます。紅梅襲でしょうか、濃いものや薄いものが次々に、たくさん重なった色の変化が、鮮やかで美しく、(さまざまな色の紙を重ねてとじてある)草子の小口のように見えて、(その草子の表はおそらく)桜襲の織物の細長なのでしょう。(女三の宮の)御髪の先まではっきりと見える所は、糸をよりかけたようになびいて、(髪の)先がふさふさとした感じに切りそろえられているようすは、とてもかわいらしく、七、八寸ばかり(身長より)長くていらっしゃいます。お召し物の裾が余って、とても細く小柄で、姿つき、髪がかかっていらっしゃる横顔は、何ともいいようがないほどかわいらしいです。夕日の光なので、はっきりせずに、(部屋の)奥が暗い感じがするのも、(柏木には)たいそう物足りなく残念です。蹴鞠に夢中になっている若公達の、花が散るのを惜しんでいられないといった様子を見ようとして、女房たちは、丸見えになっているのを見つけることができないのでしょう。猫がたいそう泣いているので、振り返りなさった表情や、振舞いなど、たいそうおっとりしていて、若くかわいい方だと、(柏木は)ふと感じたのでした。

つづく
「大将、いとかたはらいたけれど〜」の現代語訳と解説

次ページ:品詞分解と単語・文法解説


1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。