manapedia
大鏡『肝だめし(四条の大納言のかく何事も〜)』の現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
18,522 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

大鏡『肝だめし』

このテキストでは、大鏡『肝だめし』の中の「四条の大納言のかく何事もすぐれ、めでたくおはしますを〜」から始まる部分の現代語訳と解説を行っています。

原文

四条の大納言のかく何事もすぐれ、めでたくおはしますを、大入道殿、

「いかでか、かからむ。うらやましくもあるかな。わが子どもの、影だに踏むべくもあらぬこそ、くちをしけれ。」

と申させ給ひければ、中関白殿、粟田殿などは、げにさもとや思すらむと、恥づかしげなる御気色にて、ものものたまはぬに、この入道殿は、いと若くおはします御身にて、

「影をば踏まで、面をやは踏まぬ。」

とこそ仰せられけれ。まことにこそさおはしますめれ。内大臣殿をだに、近くてえ見たてまつり給はぬよ。

つづき
『さるべき人は、とうより〜』の現代語訳と解説

現代語訳

四条の大納言がこのように何事にも優れて、りっぱでいらっしゃるご様子を、大入道殿は

「どうして、(四条の大納言は)このように優れているのだろうか。うらやましいものだなぁ。私の子供たちは、(四条の大納言の)影を踏むこともできない(ほど遅れをとっている)ことが、情けない。」

と申し上げなさったところ、中関白殿や粟田殿などは、本当に(父上が)お思になっていらっしゃるとおりであろうと、気恥ずかしいご様子で、一言もおっしゃらないのですが、この入道殿は、大変お若くいらっしゃる身でありながら

「(四条の大納言)の影は踏まないが、顔を踏まないことがあろうか(いや、踏んでやる)」

と仰られました。(今の入道殿は)本当にそのような身分でいらっしゃいます。(今では四条の大納言は、入道殿はおろか入道殿の息子である)内大臣殿ですら近くで拝見することができない(ぐらい四条の大納言と入道殿の身分の差は開いてしまって)でいらっしゃいます。

つづき
『さるべき人は、とうより〜』の現代語訳と解説

品詞分解

品詞分解はこちら
大鏡『肝だめし(四条の大納言のかく何事も〜)』の品詞分解

単語解説

四条の大納言藤原公任
めでたく「立派である」。めでたしの連用形
大入道殿藤原兼家
うらやましく「うらやましい」うらやましの連用形
くちをしけれ情けない。「くちをし」の已然形
中関白殿、粟田殿藤原兼家の子供たち。このシーンでは藤原道長をあわせて3兄弟が登場している
入道殿藤原道長。大入道殿と混同しないように気をつける
面をやは踏まぬ「やは」は係助詞で反語を表す



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。