manapedia
源氏物語『葵・物の怪の出現』(大殿には御物の怪いたう起こりて〜)の現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
9,364 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

源氏物語『葵』

ここでは、源氏物語の『葵』の章から、「大殿には御物の怪いたう起こりて」から始まる部分の現代語訳(口語訳)とその解説をしています。書籍によっては『葵の上』、『物の怪の出現』、『御息所のもの思い』とするものもあるようです。

原文

大殿には、御物の怪いたう起こりていみじうわづらひ給ふ。

「この御生霊、故父大臣の御霊など言ふものあり。」


と聞き給ふにつけて、思しつづくれば、

「身一つの憂き嘆きよりほかに人を悪しかれなど思ふ心もなけれど、もの思ひにあくがるなる魂は、さもやあらむ。」


と思し知らるることもあり。年ごろ、よろづに思ひ残すことなく過ぐしつれど、かうしも砕けぬを、はかなきことの折に、人の思ひ消ち、なきものにもてなすさまなりし御禊の後、ひとふしに思し浮かれにし心鎮まりがたう思さるるけにや、少しうちまどろみ給ふ夢には、かの姫君と思しき人のいと清らにてある所に行きて、とかく引きまさぐり、現にも似ず、猛く巌きひたぶる心出で来て、うちかなぐるなど見え給ふこと度重なりにけり。

「あな心憂や、げに身を捨ててや往にけむ。」


と、うつし心ならず思え給ふ折々もあれば、

「さならぬことだに、人の御ためには、よさまのことをしも言ひ出でぬ世なれば、ましてこれはいとよう言ひなしつべきたよりなり。」


と思すに、いと名立たしう

「ひたすら世に亡くなりて後に怨み残すは世の常のことなり。それだに人の上にては、罪深うゆゆしきを、現の我が身ながらさる疎ましきことを言ひつけらるる、宿世の憂きこと。すべてつれなき人にいかで心もかけきこえじ。」


と思し返せど、思ふもものをなり。

現代語訳(口語訳)

大殿の館では、物の怪がひどくおこって(葵の上が)たいそうお苦しみになっています。

(六条御息所は)
「(その物の怪が)ご自分の生き霊(だとか)、亡くなられた父左大臣の死霊であると言う者がいる。」


とお聞きになるにつけて、お考え続けになると、

「我が身一人の不運を嘆くほかには、他の人のことを悪くなれと思う気持ちはないのですが、悩み事があると体から抜け出てさまようという魂は、このようなことなのでしょうか。」


と(なるほどと)思いあたられることもあります。長年、いろいろと思いを残すことなく過ごしてきましたが、このように思い乱れることはなかったのに、取るに足らない事の折に、あの人(葵の上)が(私のことを)無視し、ないもののようにふるまう態度をとる様子であった御禊の日の後は、あの一件で心が浮き立ち鎮まりそうもないとお思いになるせいでしょうか、少しうとうととなさる(ときにみる)夢では、(体から魂が抜け出て)あの姫君(葵の上)と思わしき人がとても気品があって美しくいらっしゃるところに行って、あれこれと引っ掻き回し、(生霊の姿ではない)本当の姿とは異なり、荒々しく激しい一途な心が出てきて、乱暴に打ったりするのを御覧になることが度重なってしまったのです。

「あぁ心苦しいことよ、なるほど(魂が)身を捨てて出て行ったのでしょう。」


と、正気な心ではないとお思いになることもあるので、

「それほどのことでなくても、他人のことであれば、良いことは決して言い出すことのない世間なのですから、ましてこれはたいそう悪評を立てることができる機会ですね。」


とお思いになると、とても評判になりそうで、

「一途に、亡くなった後にこの世に恨みを残すというのは世の常です。そのようなこと(死んだ後に、恨みが現世に残っていると嫌がられること)でさえ他人の身の上について(そのような話をされること)は、罪深く縁起が悪いことなのに、現実の自分の身にそのような嫌なことを言いふらされるのは、宿世の因縁のつらいことです。もう一切薄情な人(葵の上)に決して心をおかけすまい。」


と(思うのですがそのように)思い返すのことも、物を思うことなのです。

次ページ:品詞分解と単語・文法解説


1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。