manapedia
老子『無用の用・無用之用』現代語訳・書き下し文と解説
著作名: 走るメロス
15,891 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

老子『無用之用』

ここでは老子『大道廃有仁義』 ここでは中国の思想家老子が著したとされる「老子(老子道徳経) 」の中の『無用の用・無用之用』の書き下し文、現代語訳(口語訳)とその解説を行っています。

原文(白文)

三十共一
当其無、有車之用。

埏埴以為器。
当其無、有器之用。

鑿戸牖以為室。
当其無、有室之用。

故有之以為利、無之以為用。

書き下し文

三十の輻(ふく)は一轂(いっこく)を共にす。
其の無に当たりて、車の用あり。

埴(しょく)を埏(せん)して以て器を為(つく)る。
其の無に当たりて、器の用あり。

戸牖(こいう)を鑿(うがち)て以て室を為る。
其の無に当たりて、室の用有り。

故に有の以て利を為すは、無の以て用を為せばなり。

現代語訳(口語訳)

30本の輻は1つのこしきに集まって(車輪を形成して)います。
そこに何もない空間があるから、車輪としての役割を果たすのです。

粘土をこねて器を作ります。
そこ(器の中)に何もない空間があるから、器としての役割を果たすのです。

戸や窓を貫いて部屋を作ります。
そこ(部屋の中)に何もない空間があるから、部屋としての役割を果たすのです。

つまり形ある物が価値があるのは、形ない物がその役割を果たしているからです。

単語解説

車輪の中心部から輪に向かって放射状に出ている棒
車輪の中央の太い部分
粘土
こねる、やわらかくする
突き通す、貫く
戸牖戸や窓




このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。