manapedia
論語『長沮・桀溺』口語訳(現代語訳)・書き下し文と解説
著作名: 走るメロス
13,106 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

論語『長沮・桀溺』

ここでは論語の中の微子編から『長沮・桀溺』の口語訳(現代語訳)と書き下し文、その解説を行っています。

白文(原文)

長沮桀溺耦而耕。
孔子過之、使子路問津焉
長沮日、
「夫執輿者爲誰。」


子路日、
「爲孔丘。」


日、
「是魯孔丘与。」


対日、
「是也。」


日、
「是知津矣。」



問於桀溺。
桀溺日、
「子爲誰。」


日、
「爲仲由。」


日、
「是魯孔丘之徒与。」


対日、
「然。」


日、
滔滔者、天下皆是也。
而誰以易之。
且而与其従辟人之士也、豈若従辟世之士哉。」


而不輟。

子路行以告。
夫子憮然日、
「鳥獣不可与同群。
吾非斯人之徒与、而誰与。
天下有道、丘不与易也。」



書き下し文

長沮(ちょうそ)桀溺(けつでき)耦(ぐう)して耕す。
孔子之を過ぎ、子路をして津(しん)を問わしむ。
長沮曰はく、
「夫(か)の輿(よ)を執る者は誰とか為す。」と。


子路曰はく、
「孔丘(こうきゅう)と為す。」と。


曰はく、
「是れ魯の孔丘か。」と。


対(こた)へて曰はく、
「是れなり。」


曰はく、
「是れならば津を知らん。」と。


桀溺に問ふ。
桀溺曰はく、
「子は誰とか為す。」と。


曰はく、
「仲由(ちゅうゆう)と為す。」と。


曰はく、
「是れ魯の孔丘の徒か。」と。


対へて曰はく、
「然り。」と。


曰はく、
「滔滔(とうとう)たる者、天下皆是れなり。
而(しか)るを誰と以(とも)にか之を易(か)へん。
且つ而(なんじ)其の人を辟(さ)くるの士に従はんよりは、豈(あ)に世を辟くるの士に従ふに若(し)かんや。」と。


耰(ゆう)して輟(や)めず。
子路行きて以て告ぐ。
夫子憮然(ぶぜん)として日はく、
「鳥獣は与(とも)に群を同じくすべからざるなり。
吾斯(こ)の人の徒と与にするに非ずして、誰と与にかせん。
天下道有らば、丘は与に易へざるなり。」と。


次ページ:現代語訳と単語・文法解説


1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。