manapedia
白居易『長恨歌』書き下し文・現代語訳と解説 その4
著作名: 走るメロス
11,097 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

白居易『長恨歌』

ここでは白居易の詠んだ『長恨歌』の書き下し文、現代語訳とその解説を行っています。今回はその4回目です。長いので全文を12段に区切り、その都度書き下し文と現代語訳、解説を記しています。

前回のテキスト
「帰来池苑皆依旧〜」書き下し文・現代語訳と解説

原文(白文)

金闕西廂叩玉扃
転教小玉報双成
聞道漢家天子使
九華帳裏夢魂驚
攬衣推枕起徘徊
珠箔銀屛邐迤開
雲鬢半偏新睡覚
花冠不整下堂来
風吹仙袂飄颻挙
猶似霓裳羽衣舞
玉容寂寞涙闌干
梨花一枝春帯雨

書き下し文

金闕(きんけつ)の西廂(せいしょう)に玉扃(ぎょくけい)を叩き
転じて小玉をして双成に報ぜしむ
聞道(き)くならく漢家天子の使ひなりと
九華の帳裏夢魂(むこん)驚く
衣を攬(と)り枕を推して起(た)ちて徘徊す
珠箔(しゅはく)銀屛(ぎんぺい)邐迤(りい)として開く
雲鬢(うんびん)半ば偏りて新たに睡(ねむ)りより覚め
花冠整へず堂を下り来たる
風は仙袂(せんべい)を吹ひて飄颻(ひょうよう)として挙がり
猶(な)ほ霓裳(げいしょう)羽衣の舞に似たり
玉容寂寞(ぎょくようせきばく)涙闌干(らんかん)
梨花一枝春雨を帯ぶ

現代語訳

黄金で作られた西側の建物の玉で飾られた門を叩き、
(侍女の)小玉に、(さらに別の侍女である)双成に(皇帝の使いがきたことを)報告させます。
聞くところによると、漢の天子(皇帝)のお使いということです。
幾重もの美しいとばりの中で(太真の)夢を見ていた魂がはっと目を覚ましました。
(彼女は)衣を取り、枕を押しのけて起き上がって(部屋の中を)うろうろしました。
真珠のすだれや銀の屏風が次々と開かれます。
雲のように豊かでやわらかい髪はなかば整わずに、眠りから覚めたばかりのようで、
美しい飾りのある冠を整えないまま、堂を下りてきました。
(その時)風が仙女の着た服のたもとを拭き上げて、ひらひらと舞い上げて、
(その様子は、かつて皇帝が興じた)霓裳羽衣の舞に似ていました。
(彼女の)玉のように美しい顔はどこか寂しげて、涙がこぼれ落ちています。
(その様子は)一枝の梨の花が春の雨にうたれているかのようです。

単語解説

転教小玉報双成「教AB」で「AをしてB(せ)しむ」と読み、「AにBさせる」と使役の意味で訳す
雲鬢 雲のように豊かでやわらかい髪
仙袂仙女の着た服のたもと


押韻

「扃、成、驚」、「徊、開、来」、「挙、舞、雨」がそれぞれ韻を踏んでいます。


1ページ
前ページ
1/3
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。