manapedia
荘子『渾沌』書き下し文・現代語訳(口語訳)と解説
著作名: 走るメロス
17,295 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

荘子『渾沌』

ここでは、荘子の中の『渾沌』の書き下し文、現代語訳(口語訳)とその解説を行っています。

白文(原文)

南海之帝為、北海之帝為、中央之帝為渾沌
儵与忽、時相与遇於渾沌之地。
渾沌待之甚善。
儵与忽諜報渾沌之徳曰、
「人皆有七竅、以視聴食息。
此独無有。
嘗試鑿之。」


日鑿一竅、七日而渾沌死

書き下し文

南海の帝を儵(しゅく)と為(な)し、北海の帝を忽(こつ)と為し、中央の帝を渾沌と為す。
儵と忽と、時に相与(あいとも)に渾沌の地に遇(あ)ふ。
渾沌之を待(じ)すること甚(はなは)だ善(よ)し。
儵と忽と渾沌の徳に報(むく)いんことを諜(はか)りて曰はく、
「人皆七竅(しちきょう)有りて、以て視聴食息(しちょうしょくそく)す。
此(こ)れ独り有ること無し。
嘗試(こころ)みに之を鑿(うが)たん。」と。


日に一竅(いちきょう)を鑿ち、七日にして渾沌死す。

現代語訳(口語訳)

南海の帝王を儵と言い、北海の帝王を忽と言い、中央の帝王を渾沌と言いました。
儵と忽とが、ある時渾沌の血で出会いました。
渾沌は両者を大変厚くもてなしました。
(そこで)儵と忽は渾沌の恩義に報いようと相談して言いました。
「人は皆7つの穴(目2つ、鼻2つ、耳2つ、口1つ)が備わっていて、これらをもって見たり、聞いたり、食べたり、呼吸をしている。
(しかし)渾沌には(7つの穴が)ない。
ためにしこれ(穴)を開けてあげようではないか。」と。


1日に1つ穴を開け、7日たつと渾沌は死んでしまいました。

単語・解説

儵、忽どちらも、「迅速、たちまちに」の意味をもち、ここでは「せせこましい人間」を表す例えの言葉として用いられている
渾沌手の加えられていない無秩序な自然を表す例えの言葉として用いられている
七竅竅は「穴」を意味する
渾沌死無秩序な自然(渾沌)に人間らしさ「七竅」を加えることで本来の自然がなくなってしまうという様子を説いている



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。