manapedia
現在完了進行形の使い方・訳し方と例文
著作名: ほりぃ
11,764 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

現在完了進行形

さて、またまたややこしそうな言葉がでてきました。現在完了進行形
しかしこんな言葉は覚える必要はありません。大切なのは中身です。

現在完了進行形という名前だけに、現在完了に現在進行形を加えたものなのかなーとは想像がつきますよね。その通りです。

現在完了進行形は have+been+~ingで表します。

どのような場合に使うのか

現在完了進行形とは、 過去のあるときから現在に至るまで、ずっとその作業を続けていることを表現するために使います。

I have been working since this morning. 朝からずっと働きっぱなしだよ。
He has been sleeping for 15hours.  彼は15時間も寝たままだよ。

こんな感じです。
まさに、過去のあるときから現在に至るまで、ずっとその作業を続けていることがわかりますね。 

例外

例えば次のような文章。
He has been working for this company for 20 years.

過去のあるときから現在に至るまで、ずっとその作業を続けているというルールに則れば、

彼は休むことなく20年間会社のため働き続けている。

となりますよね。しかしそれはさすがにおかしい。いくら働き者でも休むことなくずっと働き続けることはできませんからね。
このような場合は、 彼はこの会社で20年間働いています。と訳します。
文脈から判断することが大切ですね。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






英語