manapedia
司馬遷『子路(子路為衛大夫〜)』書き下し文・現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
7,423 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

史伝『子路』

ここでは、司馬遷が著した史記の中から『子路』の「子路為衛大夫孔悝之邑宰〜」から始まる部分の書き下し文、現代語訳とその解説を行っています。

原文(白文)

子路為衛大夫孔悝之邑宰。
蒯聵乃与孔悝作乱、謀入孔悝家、遂与其徒襲攻出公。
出公奔魯。
而蒯聵入立。
是為莊公。

方孔悝作乱、子路在外。
聞之而馳往。
遇子羔出衛城門。
謂子路曰、
「出公去矣、而門已閉。
子可還矣。
毋空受其禍。」


子路曰、
「食其食者、不避其難。」


子羔卒去。
有使者入城、城門開。
子路隨而入、造蒯聵。
蒯聵与孔悝登台。
子路曰、
君焉用孔悝、請得而殺之。」


蒯聵弗聴。
於是子路欲燔台。
蒯聵懼、乃下石乞、壺黶攻子路。
擊断子路之
子路曰、
「君子死而冠不免。」


遂結纓而死。


孔子聞衛乱曰、
「嗟乎、由死矣。」


已而果死。
故孔子曰、
自吾得由、悪言不聞於耳。」


書き下し文

子路衛の大夫孔悝(こうかい)の邑宰たり。
蒯聵(かいかい)乃ち孔悝と与(とも)に乱を作(な)し、謀りて孔悝の家に入り、遂にその徒と与(とも)に襲い出公を攻む。
出公魯に奔(はし)る。
而して蒯聵入りて立つ。
是れ荘公たり。


孔悝乱を作(な)すに方(あ)たり、子路外に在り。
之を聞きて馳せ往く。
子羔(しこう)、衛の城門を出るに遇ふ。
子路に謂いて曰はく、
「出公去りて、門すでに閉づ。
子還るべし。
空しく其の禍(わざわひ)を受くる毋(な)かれ。」と。


子路曰はく、
「其の食を食(は)む者は、その難を避けず。」と。


子羔卒(つひ)に去る。
使者有りて城に入りて、城門開く。
子路随(したが)ひて入り、蒯聵に造(いた)る。
蒯聵孔悝と与え(とも)に台に登る。
子路曰はく、
「君焉(いづくん)ぞ孔悝を用ゐん、請う得て之を殺さん。」と。


蒯聵聴かず。
是において子路台を焼かんと欲す。
蒯聵懼(おそ)れ、乃ち石乞、壷黶を下して子路を攻む。
撃ちて子路の纓を断つ。
子路曰はく、
「君子は死すとも冠を免(ぬ)がず。」と。


遂に纓を結びて死す。


孔子衛の乱を聞きて曰はく、
「嗟乎(ああ)、由(いう)は死せん。」と。


已にして果たして死せり。
故に孔子曰はく、
「吾由を得てより、悪言耳に聞かず。」と。


孔子は衛の乱のことを聞いて言いました。
「あぁ、由(子路のこと)は死ぬだろう。」と。


すでに(子路は)言葉の通り死んでいました。
そして孔子は言いました。
「由(子路)が私の弟子になって以来、(私の)悪口を耳にすることがなくなりました。」と。


次ページ:現代語訳(口語訳)と解説


1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。