manapedia
十八史略『荊軻』(軻至咸陽〜)書き下し文・現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
11,269 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

十八史略『荊軻』

ここでは「十八史略」の中の『荊軻』という話の「軻至咸陽」から始まる部分の書き下し文・現代語訳(口語訳)とその解説を行っています。

※ここで扱っているのは史記のものではなく十八史略のものですので注意してください。

白文(原文)

軻至咸陽。
秦王政大喜見之。
軻奉図進。
図窮而匕首見。
把王袖揕之。
未及身
王驚起絶袖。
軻逐之。
環柱走。
秦法群臣侍殿上者、不得操尺寸兵
左右以手搏之。
且曰、
「 王負剣。」


遂抜剣断其左股。
軻引匕首擿王。
不中。
遂体解以
秦王大怒、益発兵伐燕。
喜斬丹以献。
後三年、秦兵虜喜、遂滅燕為群。

書き下し文

軻咸陽に至る。
秦王政大いに喜び之を見る。
軻図を奉じて進む。
図窮まりて匕首見(あらは)はる。
王の袖を把りて之を揕(さ)す。
未だ身に及ばず。
王驚き起ちて袖を絶つ。
軻之を逐ふ。
柱を環(めぐ)りて走る。
秦の法に群臣の殿上に侍する者は、尺寸(せきすん)の兵を操るを得ず。
左右手を以て之を搏(う)つ。
且つ曰はく
「王剣を負へ。」と。


遂に剣を抜きて其の左股を断つ。
軻匕首を引きて王に擿つ。
中(あ)たらず。
遂に体解して以て徇(との)ふ。
秦王大いに怒り、益(ますます)兵を発して燕を伐つ。
喜丹を斬りて以て献ず。
後三年、秦兵喜を虜にし、遂に燕を滅ぼして郡と為す。

次ページ:現代語訳(口語訳)と単語・文法解説


1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。