manapedia
十八史略『荊軻』(丹奔往、伏哭〜)書き下し文・現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
12,633 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

十八史略『荊軻』

ここでは「十八史略」の中の『荊軻』という話の「丹奔往、伏哭」から始まる部分の書き下し文・現代語訳(口語訳)とその解説を行っています。

※ここで扱っているのは十八史略のものですので注意してください。

白文(原文)

丹奔往、伏
乃以函盛其首。
又嘗求天下之利匕首、以薬之、以試人、血如立死。
乃装遣軻。
行至易水、歌曰、
風蕭蕭兮易水寒
壮士一去兮不復還


時白虹貫日。
燕人畏之。

つづき

書き下し文

丹奔(はし)り往き、伏して哭す。
乃ち函(はこ)を以て其の首を盛る。
又嘗て天下の利匕首を求め、薬を以て之を焠(にら)ぎ、以て人に試みるに、血縷(る)のごとくにして立ちどころに死す。
乃ち装して軻を遣る。
行きて易水に至り、歌ひて曰はく、
風蕭蕭として易水寒し
壮士一たび去りて復た還らず
」と。


時に白虹(はくこう)日を貫く。
燕人之を畏る。

つづき

現代語訳(口語訳)

(樊於期が自害した知らせを聞いた)丹は走って行き、伏せて声を上げて泣きました。
そして箱に(樊於期の)首を入れたのです。
またかつて天下に名の通った鋭い短刀を探し求め、これに毒薬をもって焼きを入れ、(その刀を)人に試してみたところ、血が細い糸のように流れただけでたちまち(切られた人は)死んでしまいました。
そこでこれを身につけさせて荊軻を秦に派遣しました。
(荊軻は)道中、易水という川に至り、歌いながら言いました。
風がもの寂しく吹き、易水は寒い(冷たい)。
勇ましい男は一度去ると、もう帰ってはこないだろう。
」と。

そのとき白い虹が太陽を横切りました。
燕の人は、これを(何かよくないことの前触れと)恐れたのです。

つづき

単語解説

声を上げて泣くこと
匕首「ひしゅ」または「あいくち」と読み、つばのない短い短刀を意味する
鉄に焼きを入れる、鉄を鍛え直すこと。ここでは前後の文章から「刀に焼きを入れる」と訳す
細い糸のこと
易水趙と燕との国境を流れる川。このとき秦は趙を滅ぼしていた


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。