manapedia
老子『大道廃有仁義(大道廃れて仁義有り)』現代語訳・書き下し文と解説
著作名: 走るメロス
20,748 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

老子『大道廃有仁義』

ここでは中国の思想家老子が著したとされる「老子(老子道徳経)」の中の『大道廃有仁義』の書き下し文、現代語訳(口語訳)とその解説を行っています。

解説

老子の思想は、「人の手を加えないで、何もせずあるがままにまかせること」を理想とする「無為自然」の考え方でした。これは仁義を重んじる儒教の考え方とは異なります。『大道廃有仁義』では、「無為自然の生き方が廃れてしまったからこそ、人為的な道徳が説かれるようになってしまった」として、仁義を否定する見解が述べられています。

白文(原文)

大道廃、有仁義。

智慧出、有大偽。

六親不和、有孝慈

国家昏乱、有忠臣。

書き下し文

大道廃れて、仁義有り。

智慧出でて、大偽有り。

六親(りくしん)和せずして、孝慈有り。

国家昏乱して、忠臣有り。

現代語訳(口語訳)

(無為自然の)大いなる道が廃れたので、仁義(の概念)が生まれた。

(悪)知恵を持った者(儒者)が現れたので、人的な秩序や制度が生まれた。

親兄弟や夫婦の仲が悪くなると、孝行者(の存在)が目立つようになる。

国家が乱れてくると、忠臣(の存在)が目立つようになる。

単語

六親「親兄弟、夫婦」さらには「親族」を指す言葉
孝慈「孝」は親への孝行、「慈」は子への慈愛


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。