manapedia
史記『刎頸之交・刎頚の交わり』(於是、舎人相与諫曰〜)現代語訳・書き下し文と解説
著作名: 走るメロス
25,427 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

史記『刎頸之交』

ここでは、史記の中の『刎頸之交』の「於是、舎人相与諫曰〜」から始まる部分の書き下し文、現代語訳(口語訳)とその解説を行っています。

前回のお話はこちら
史記『刎頸之交・刎頚の交わり』(既罷帰国〜)の現代語訳・書き下し文と解説

白文(原文)

於是、舎人相与諫曰、
「臣所以去親戚而事君者、徒慕君之高義也。
今君与廉頗同列、廉君宣悪言、而君畏匿之、恐懼殊甚。
庸人尚羞之。
況於将相乎
臣等不肖。
請辞去。」


藺相如固止之曰、
「公之視廉将軍、孰与秦王。」


曰、
「不若也。」


相如曰、
「夫以秦王之威、而相如廷叱之、辱其群臣。
相如雖駑、独畏廉将軍哉
顧吾念之、彊秦之所以不敢加兵於趙者、徒以吾両人在也。
今両虎共闘、其勢不俱生。
吾所以為此者、先国家之急、而後私讎也。」


廉頗聞之、肉袒負荊、因賓客、至藺相如門、謝罪曰、
「鄙賤之人、不知将軍寛之至此也。」


卒相与為刎頸之交。

書き下し文

是(ここ)に於ひて、舎人相与(とも)に諫(いさ)めて曰はく、
「臣の親戚を去りて君に事(つか)ふる所以の者は、徒(た)だ君の高義を慕へばなり。
今君廉頗と列を同じくし、廉君悪言を宣(の)ぶれば、君畏れて之に匿れ、恐懼(きようく)すること殊(こと)に甚だし。
且つ庸人すら尚ほ之を羞づ。
況(いは)んや将相に於いてをや。
臣等不肖なり。
請ふ辞し去らん。」と。


藺相如固く之を止めて曰はく、
「公の廉将軍を視ること、秦王に孰与(いず)れぞ。」と。


曰はく、
「若(し)かざるなり。」と。


相如曰はく、
「夫(そ)れ秦王の威を以てしても、相如之を廷叱(ていしつ)して、其の群臣を辱む。
相如駑(ど)なりと雖(いへど)も、独り廉将軍を畏れんや。
顧(た)だ吾之を念(おも)ふに、彊秦(きょうしん)の敢へて兵を趙に加へざる所以の者は、徒だ吾が両人の在るを以てなり。
今両虎共に闘はば、其の勢ひ俱(とも)には生きざらん。
吾の此(これ)を為す所以の者は、国家の急を先にして、私讎(ししゅう)を後にするを以てなり。」と。


廉頗之を聞き、肉袒(にくたん)して荊を負ひ、賓客(ひんかく)に因りて、藺相如の門に至り、罪を謝して曰はく、
「鄙賤(ひせん)の人、将軍の寛なることの此(ここ)に至るを知らざりしなり。」と。


卒(つひ)に相与に驩(よろこ)びて刎頸(ふんけい)の交はりを為す。

次ページ:現代語訳(口語訳)と単語・文法解説


1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。