manapedia
史記『完璧帰趙(是に於いて王召見し〜)』現代語訳(口語訳)・書き下し文と解説
著作名: 走るメロス
18,398 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

史記『完璧帰趙』

ここでは、史記の中の『完璧帰趙』の「於是、王召見、問藺相如曰〜」から始まる部分の書き下し文、現代語訳(口語訳)とその解説を行っています。

※十八史略の完璧とは異なるので注意してください。

あらすじ

当時の中国で絶対的な力を持っていた秦の昭王が、趙国の恵文王が持っていた宝「和氏の壁」と十五の城塞都市とを交換しろと言ってきました。要求をのまなければ秦の怒りを買い、侵略の口実を与えることになります。一方で要求をのんだとしても、本当に秦が都市を与えるかは疑わしいところです。どうしたらよいか議論がまとまらない中、家臣の一人が「藺相如という切れ者がいます」と恵文王に進言をしたのでした。

白文(原文)

於是、王召見、問藺相如曰、

「秦王、以十五請易寡人之璧。
可予不。」


相如曰、

「秦彊而趙弱。
不可不許。」


王曰、

「取吾璧、不予我城、奈何。」


相如曰、

「秦以城求璧、而趙不許、在趙。
趙予璧、而秦不予趙城、曲在秦。
均之二策、寧許以負秦曲。」


王曰、

「誰可使者。」


相如曰、

「王必無人、臣願奉璧往使。
城入趙而璧留秦。
城不入、臣請完璧帰趙。」


趙王於是、遣相如奉璧西入秦。

つづき

書き下し文

是(ここ)に於いて、王召見し、藺相如に問ひて曰はく、
「秦王、十五城を以て寡人の璧に易(か)へんことを請ふ。
予(あた)ふべきや不(いな)や。」と。


相如曰はく、
「秦は彊(つよ)くして趙は弱し。
許さざるべからず。」と。


王曰はく、
「吾が璧を取りて、我に城を予へずんば、奈何(いかん)せん。」と。


相如曰はく、
「秦城を以て璧を求むるに、趙許さずんば、曲は趙に在り。
趙璧を予ふるに、秦趙に城を予へずんば、曲は秦に在り。
之の二策を均(はか)るに、寧(むし)ろ許して以て秦に曲を負はしめん。」と。


王曰はく、
「誰か使ひすべき者ぞ。」と。


相如曰はく、
「王必ず人無くんば、臣願はくは璧を奉じて往きて使ひせん。
城趙に入らば璧は秦に留めん。
城入らずんば、臣請ふ璧を完(まっと)うして趙に帰らん。」と。


趙王是に於いて、遂に相如をして璧を奉じて西して秦に入らしむ。
つづき

次ページ:現代語訳(口語訳)と単語・文法解説


1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。