manapedia
世説新語『左右莫敢近者』書き下し文・現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
14,033 views
世説新語『左右莫敢近者』

ここでは世説新語の中の『左右莫敢近者』の書き下し文、現代語訳(口語訳)とその解説を行っています。

白文(原文)

魏武常云、

「我眠中不可近。
便斫人、亦不自覚。
左右宜深慎此。」


眠、所一人窃以被覆之。
因便斫殺。

自爾毎眠、左右莫敢近者。

書き下し文

魏武常に云ふ、

「我が眠中に妄(みだ)りに近づくべからず。
近づかば便(すなわ)ち人を斫(き)るも、亦た自ら覚えず。
左右宜しく深く此れを慎むべし。」と。


後に陽(いつわ)りて眠るに、幸する所の一人窃かに被を以て之を覆ふ。
因りて便ち斫殺(しゃくさつ)す。
爾るより眠る毎に、左右敢て近づく者莫し。

現代語訳(口語訳)

魏の武帝であった曹操は、常に言っていました。

「私が眠っている間にむやみに近づかないように。
仮に近づいたとして、すぐにその人を切ってしまっても、自分では覚えていないのだ。
側近たちは十分に注意して(近づくことを)慎むのが良いだろう。」と。


その後、眠ったふりをしていたところ、寵愛をする女性のうち一人がそっと(曹操に)布団をかけました。
そこで(曹操は)、すぐさま切りつけて殺してしまいました。
それから後、(曹操が)眠るたびに、側近の者で(曹操に)近づく者はいませんでした。

単語・文法解説

むやみに
便すぐに
左右側近の者たち
宜深慎此「宜」は「よろしく〜す」と読む再読文字で、「〜するのが良いだろう」と訳す
だまして、ふりをして
「幸する」で「寵愛する」の意味



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。