manapedia
十八史略『『乱世之姦雄(操少機警〜)』書き下し文・現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
8,724 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

十八史略『乱世之姦雄』

ここでは十八史略の中の『乱世之姦雄』から「操少機警、有権数〜」の部分の書き下し文、現代語訳とその解説を行っています。

白文(原文)

操少機警、有権数
任侠放蕩、不治行業。

汝南許劭、興従兄靖有高名。
覈論郷党人物。
毎月輒更其題品。
故汝南俗有月旦評。

操往問劭曰、

「我何如人。」


劭不答。
劫之。
乃曰、

「子治世之能臣、乱世之姦雄。」


操喜而去
至是以討賊起。

書き下し文

操少(わか)くして機警、権数有り。
任侠放蕩(ほうとう)にして、行業を治めず。

汝南の許劭(きょしょう)、従兄の靖と高名有り。
共に郷党の人物を覈論(かくろん)す。
毎月輒(すなわ)ち其の題品を更(あらた)む。
故に汝南の俗に月旦の評有り。

操往(ゆ)きて劭に問ひて曰はく、

「我は如何なる人ぞ。」と。


劭答へず。
之を劫(おびや)かす。
乃ち曰はく、

「子(し)は治世の能臣、乱世の姦雄なり。」と。


操喜びて去る。
是に至り賊を討つを以つて起こる。

現代語訳(口語訳)

曹操は、若いころから機転がきき、謀にたけていました。
男気があって気ままにふるまい、品行を改め学問を身につけようとはしませんでした。

汝南の許劭は、従兄の靖とともに名前を知られた人でした。
二人で故郷の人物について、調べて評論をしていました。
毎月初めに、題目ごとに品評を改めていました。
そのために汝南では、「月旦評」として知られていました。

(評判をきいた)曹操が(汝南に)行って許劭に尋ねていいました。

「私はどのような人物か。」と。


許劭は答えませんでした。
(そこで曹操は、)許劭を脅しました。
(すると許劭が)答えて言いました。

「あなたは治世にあっては優れた家臣で、乱世にあっては悪知恵のきく英雄。」と。


曹操は喜んで立ち去りました。
これを機に(曹操は)、賊を討つことを理由に立ち上がったのです。

単語解説

機警その場に応じて知恵が働くこと。「機転がきく」と訳している
権数謀にたけている様
放蕩気ままに振る舞うこと
覈論激しく議論をかわすこと、調べて評論すること。ここでは後者
能臣優れた家臣
姦雄悪知恵のきく英雄
操喜而去曹操が喜んだのは、英雄であると評されたため




このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。