manapedia
【小国の分立、漢書地理志、後漢書東夷伝】 受験日本史まとめ 3
著作名: Cogito
5,157 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

大陸の歴史

中国の歴史

日本にまだ文字もなかった時代、隣の中国では、高度な文明が発達していました。まず、中国の歴史について少し触れてみましょう。

中国初の王朝は、といいます。紀元前2000年期前半~紀元前11世紀という長い期間、初代の湯王から紂王まで続きました。

殷の最後王紂王は、放蕩の限りを尽くしたとされ、臣下の武王によって倒され、新たにが誕生します。周は紀元前770年までを西周、それ以後を東周といいました。

東周の前期には、各地の諸侯が派遣を争った春秋時代が始まり、その後7大諸侯まで集約された勢力争いにより、戦国時代となりました。

戦国時代を終わらせ、中国統一を果たしたのが7大諸侯の一角のでした。秦の王は始皇帝となり、郡県制という新しい統治方法で全土を治めました。

秦の滅亡後、新たに劉邦により漢が建てられました。漢は紀元前202年から紀元後220年まで続きますが、前半を前漢、後半を後漢をいいました。

紀元前108年以降、前漢の武帝(周の武帝とは別人物)の時代に朝鮮半島が征服され、四郡(真番郡・臨屯郡・玄菟郡・楽浪郡)が設置されます。これらは後に韓族が中心となり独立し、313年に高句麗が強大となり楽浪郡を滅ぼしました。

後漢が滅亡したあと、3世紀には、魏・呉・蜀の三国が覇権を争います。有名な三国時代ですね。曹操や孫権、劉備などの英雄が活躍した時代でもあります。三国の中で魏が優勢となりますが、最終的に西晋という王朝が建国されます。


1ページ
前ページ
1/3
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






日本史