manapedia
蘇軾『春夜』書き下し文・現代語訳と解説(押韻・詩形など)
著作名: 走るメロス
8,921 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

『春夜』

ここでは、中国の詩人、政治家であった蘇軾(そしょく)の詠んだ『春夜』の書き下し文、現代語訳とその解説を行っています。

白文(原文)

左から右によんでください。

春 宵 一 刻 値 千 金
花 有 清 香 月 有 陰
歌 管 楼 台 声 細 細 
鞦 韆 院 落 夜 沈 沈


書き下し文

春宵一刻 値千金

花に清香有り 月に陰有り

歌管 楼台 声 細細

鞦韆 院落 夜 沈沈

現代語訳(口語訳)

春の夜は、ひとときでも千金の値があると思えるほどすばらしい

花は清らかに香り、月はおぼろにかすんでいる

歌声や楽器の音が鳴り響いていた楼閣も、今はかすかに聞こえるばかりで

ぶらんこのある中庭では、夜が静かにふけてゆく

詩形

この漢詩は七つに並んだ漢字が四つの行からなる、七言絶句というスタイルをとっています。「金(キン)」「陰(イン)」、「沈(チン)」が韻を踏んでいます。(押韻という)

単語解説

春宵春の夜
月に陰有り月が物に覆われて陰になっている様を表している
歌管「管」は器楽のこと
楼台楼閣
鞦韆「しゅうせん」と読む。ブランコの意味
院落屋敷内の中庭



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。