manapedia
『嬰逆鱗・逆鱗にふる』現代語訳・書き下し文と解説
著作名: 走るメロス
24,290 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

『嬰逆鱗・逆鱗にふる』

ここでは韓非子の中の『嬰逆鱗・逆鱗にふる』の書き下し文、現代語訳(口語訳)とその解説をしています。

「逆鱗」とは、龍のあごの下にあるうろこのことです。龍は本来温厚な生物ですが、この逆鱗を触られると激昂して人を襲ったという伝説から、「触れてはいけないもの」を意味します。現在では「逆鱗にふる」は「目上の人に逆らって、激しい怒りをかう」という意味で使われています。

白文(原文)

龍之為也、柔可狎而騎也。

然其喉下有逆鱗径尺

人有嬰之者、必殺人。

人主亦有逆鱗。

説者無嬰人主之逆鱗、則幾矣。

書き下し文

夫(そ)れ竜の蟲たるや、柔にして狎(な)らして騎(の)るべきなり。

然れども其の喉の下に逆鱗の径尺なる有り。

若し人之に嬰(ふ)るる者有らば、則(すなわ)ち必ず人を殺す。

人主も亦逆鱗有り。

説く者能(よ)く人主の逆鱗に嬰るること無くんば、則ち幾(ちか)し。

現代語訳(口語訳)

そもそも龍という生き物は、従順な正確で、飼いならしてのることができます。

しかしその喉元には逆鱗という(逆さに生えた鱗で)長さが一尺ほどのものがあります。

もしこれに触れる者がいたならば、(龍は)必ずその人を殺してしまいます。

君主にもまた逆鱗があります。

(君主に)説く者は、君主の逆鱗にふれないでいられるならば、(説得は)成功に近いといえるでしょう。

単語・文法解説

「そもそも」と訳す
「生物全般」を指す言葉
径尺「径」は「長さ」を、「尺」は「一尺」を表し、「径尺」で「長さが一尺」と訳す
「もし〜ば」と読み、「まし〜ならば」と仮定を表す
「すなわち」と読み、ここでは「〜ならば」と訳す
「能」は英語でいう「can」。「〜できる」と訳す



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。