manapedia
人面桃花『題都城南荘』書き下し文・現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
2,030 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

『題都城南荘』

ここでは、『人面桃花』という物語の中で読まれている『題都城南荘』の書き下し文、現代語訳とその解説を行っています。作者は崔護という人物です。

白文(原文)

去年今日此門中

人面桃花相暎紅

人面祇今何処

桃花依旧笑春風


書き下し文

去年の今日此の門の中

人面桃花相映じて紅なり

人面は祇だ今何れの処にか去る

桃花は旧に依りて春風に笑む

現代語訳(口語訳)

去年の今日、この門の中で

美しい人(女性)の顔と桃の花は互いに映えて紅くそまっていました。

美しい顔の人は今どこに去ってしまったのでしょうか。

桃の花は昔のままで春風に微笑んでいるのに。

解説

この詩をより理解するためには、この詩が含まれた物語を理解しておくする必要があります。軽くあらすじをまとめてみましょう。

崔護は見た目も内面も良い好青年でしたが、世間の人となじむことなく生活をしていました。この崔護が、清明節の日に、一人で都の南の郊外を気ままに歩きまわっていると、とある家を見つけました。その家の門を叩いて「喉が渇いたので水を頂けないか」と尋ねます。そこで応対をしたのが、美しい少女でした。庭には小さな桃の木がありました。少女は崔護のことを一目惚れしたようでした。崔護もまた少女を誘いますが、少女は恥ずかしがって、これに応じることはありませんでした。

そのまま家を後にした崔護ですが、翌年の同じ日にふと思い立って、この少女のもとを訪れます。家はそのままでしたが、門には鍵がかけられていました。そこで崔護は、家の門に詩を書いて帰ります。それがここで詠まれている詩です。

単語・文法解説

人面桃花「人面」とは少女の顔のことを、「桃花」とは家の庭にあった桃の木の花のことを指す
何処「何れの処にか」と読む。「どこに〜か」と訳す



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。