manapedia
陶潜『飲酒』現代語訳(口語訳)・書き下し文と解説
著作名: 走るメロス
16,008 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

『飲酒』

ここでは「陶淵明集」に含まれる『飲酒』の書き下し文、現代語訳とその解説を行っています。この詩は、「飲酒」の題で詠まれた詩の中の1つです。

白文(原文)

左から右に読んでください。

結  在 人 境

而 無 車 馬 喧

問 君 何 能 

心 遠 地 自 偏

採 菊 東 籬 下

悠 然 見 南 山

山 気 日 夕 佳

飛 鳥 相 与 還

此 中 有 真 意

欲 弁 已 忘 言

書き下し文

廬を結びて人境に在り

而も車馬の喧しき無し

君に問ふ何ぞ能く爾ると

心遠ければ地自ら偏なり

菊を採る東籬の下

悠然として南山を見る

山気日夕に佳く

飛鳥相与に還る

此の中に真意有り

弁ぜんと欲して已に言を忘る

現代語訳(口語訳)

隠遁して質素な庵を人里にかまえておりますが

車馬の音が騒々しいということはありません。

「どうしてそんなこと(静かに暮らすこと)ができるのか」(と聞かれたら)

「心が(世俗から)遠くはなれているので、住む土地も辺鄙なところとなる」(と答えます)。

菊を東のまがきで採り、

心をゆったりとして南山を眺めるのです。

山の様子は夕暮れ時がすばらしく、

飛ぶ鳥たちが一緒に(巣に)帰っていきます。

この(風景の)中にこそ真実があるのですが、

(それを)述べようとしても、とっくに言葉を忘れてしまいました。

解説

句形と押韻

この漢詩は、「五言古詩」という形式の詩です。「五言詩」と「古体詩」が組み合わさったものです。

五言詩

五つに並んだ漢字からなる詩を「五言詩」と言います。

古体詩

古体詩とは、ざっくりと言えば「五言絶句、五言律詩、七言絶句、七言律詩」以外の詩を指すと考えてください。

押韻

この漢詩では、次の語が押韻となります。
「喧」、「偏」、「山」、「還」、「言」

単語

質素な小屋
人境人里
問君「君」は「他人」ではなく「作者」を指している
「そのようなこと」と訳しているが、この語が指すのは「静かに暮らすこと」である
竹や柴などで、目を粗く編んで作った垣のこと。東にあるので「東籬」
悠然悠然としているのは①作者の心、②南山の姿のどちらともとれるが、ここでは①で訳している


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。