manapedia
『生年不満百(生年百に満たず)』書き下し文・現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
3,896 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

『生年不満百』

ここでは『生年不満百』の書き下し文・現代語訳とその解説を行っています。

白文(原文)

左から右に読んでください。

生 年 不 満 百

常 懐 千 載 憂

昼 短 苦 夜 長

何 不 秉 燭 遊

為 楽 当 及 時

何 能 待 来 茲

愚 者 愛 惜 費

但 為 後 世 嗤

仙 人 王 子 喬

難 可 与 等 

書き下し文

生年百に満たざるに

常に千載の憂いを懐く

昼は短くして夜の長きに苦しむ

何ぞ燭を秉(と)りて遊ばざる

楽しみを為すは当に時に及ぶべし

何ぞ能く来茲を待たん

愚者は費を愛惜して

但だ後世の嗤(わらい)いと為るのみ

仙人王子喬

与(とも)に期を等しうすべきこと難し

現代語訳(口語訳)

生きられる年は百年にも満たないのに

いつも千年先のことを心配しています。

昼は短い、そして夜は長いと苦しむのならば

どうして燭台を手に遊ぼうとしないのですか、(すればよいではないですか)。

楽しいことをするためには、時期を逃さずに楽しむべきです。

どうして来年を待つことができましょうか、(いや待てません)。

愚か者は(楽しむための)出費を惜しみ

ただ後世の笑いとなるだけです。

(不老不死といわれる)仙人の王子喬と

一緒に寿命を同じくすることはできないのです。

解説

句形と押韻

この漢詩は、「五言古詩」という形式の詩です。「五言詩」と「古体詩」が組み合わさったものです。

五言詩

五つに並んだ漢字からなる詩を「五言詩」と言います。

古体詩

古体詩とは、ざっくりと言えば「五言絶句、五言律詩、七言絶句、七言律詩」以外の詩を指すと考えてください。

押韻

この漢詩では、次の2組が押韻となります。
・「憂」と「遊」
・「滋」と「嗤」と「期」

単語解説

何不秉燭遊「何不A」で「何ぞAせざる」と読み、「どうしてAしないのか、すればよい(すればよいのに)」と訳します
来茲来年
愛惜惜しいと思う、もったいないと思う
但為後世嗤生きている間に出費を惜しんで、死んだあとにお金だけが残っても、それは後世の笑いの種になるだけであることを言っている
王子喬周の時代にいたとされる仙人
寿命



このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。