manapedia
史記『四面楚歌』(項王軍壁垓下〜)わかりやすい現代語訳・書き下し文と解説
著作名: 走るメロス
192,985 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

史記『四面楚歌』

ここでは史記『項羽本紀』の中の『四面楚歌』(項王軍壁垓下〜)の書き下し文、現代語訳と解説をおこなっています。「四面楚歌」とは、「敵や反対する者に囲まれて孤立していること、またはその状態」を意味します。

白文(原文)

項王軍壁垓下
兵少食尽。
漢軍及諸侯兵、囲之数重。
夜聞漢軍四面皆楚歌、項王乃大驚曰、

「漢皆已得楚乎。
是何楚人之多也。」


項王則夜起飲帳中。
有美人、名虞。
常幸従。
駿馬、名騅。
常騎之。

於是項王乃悲歌忼慨、自為詩曰、

力抜山兮気蓋世

時不利兮騅不逝

騅不逝兮可奈何

虞兮虞兮奈若何


数闋、美人和之。
項王泣数行下。
左右皆泣、莫能仰視。

書き下し文

項王の軍垓下に壁す。
兵少なく食尽く。
漢軍及び諸侯の兵、之を囲むこと数重なり。
夜漢軍の四面皆楚歌するを聞き、項王乃ち大いに驚きて曰はく、

「漢皆已に楚を得たるか。
是れ何ぞ楚人の多きや」と。


項王則ち夜起ちて帳中に飲す。
美人有り、名は虞。
常に幸せられて従ふ。
駿馬あり、名は騅。
常に之に騎す。

是に於いて項王乃ち悲歌忼慨し、自ら詩を為りて曰はく、

力山を抜き気世を蓋(おほ)ふ

時利あらず騅逝かず

騅の逝かざる奈何すべき

虞や虞や若を奈何せん


と。


歌ふこと数闋(すうけつ)、美人之に和す。
項王泣数行下る。
左右皆泣き、能く仰ぎ視るもの莫し。

次ページ:現代語訳と単語・文法解説


1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。