manapedia
史記『項王暴挙・楚人沐猴而冠耳』(居数日、項羽引兵西〜)書き下し文・現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
39,240 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

史記『項王暴挙・楚人沐猴而冠耳』

ここでは史記の中の『項王暴挙』(居数日、項羽引兵西〜)の書き下し文、現代語訳と解説を行っています。書籍によっては『楚人沐猴而冠耳』や『項羽本紀』の一節と題しているものもあるようです。

白文(原文)

居数日、項羽引兵西、咸陽、殺秦降王子嬰、焼秦宮室。
火三月不滅。
収其貨宝婦女而東。
人或説項王曰、

「関中阻山河四塞、地肥饒。
可都以覇。」


項王、見秦宮室皆以焼残破、又心懐思欲東帰曰、

富貴不帰故郷、如衣繡夜行。
誰知之者。」


説者曰、

「人言、『楚人沐猴而冠耳。』
果然。」


項王聞之、烹説者。

書き下し文

居ること数日、項羽兵を引きて西し、咸陽を屠り、秦の降王子嬰を殺し、秦の宮室を焼く。
火三月滅せず。
其の貨宝婦女を収めて東せんとす。
人或いは項王に説きて曰はく、

「関中は山河を阻てて四塞し、地は肥饒なり。
都して以て覇たるべし。」と。


項王秦の宮室の皆以て焼けて残破せるを見、又心に懐思し、東帰せんと欲して曰はく、

「富貴にして故郷に帰らざるは、繡を衣て夜行くがごとし。
誰か之を知る者ぞ。」と。


説く者曰はく、

「人は言ふ、『楚人は沐猴にして冠するのみ』と。
果たして然り。」と。


項王之を聞き、説く者を烹る。

次ページ:現代語訳と解説


1ページ
前ページ
1/2
次ページ

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。